どうぎんぐが初月無料で全巻読み放題!


どうぎんぐ(1)

あらすじ

中学時代、超危険人物として有名だった祭工業高校1年の武田道将、岩本純、北岡瞬也は、三銃士と呼ばれ、周囲から恐れられていた。ある日、祭工業高の生徒が、名門・鳳学院柔道部の生徒に痛めつけられ、間に入った祭工業高の教師・片桐にまで暴行を加える。しかし、片桐が頑なに生徒を庇い続ける姿を見た道将は、祭工業柔道部だと名乗り、片桐を助けに入って・・。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

中学時代、超危険人物として有名だった祭工業高校1年の武田道将、岩本純、北岡瞬也は、三銃士と呼ばれ、周囲から恐れられていた。ある日、祭工業高の生徒が、名門・鳳学院柔道部の生徒に痛めつけられ、間に入った祭工業高の教師・片桐にまで暴行を加える。しかし、片桐が頑なに生徒を庇い続ける姿を見た道将は、祭工業柔道部だと名乗り、片桐を助けに入って・・。

詳細を表示

どうぎんぐを読んだ人のコメント

投稿日:2021/10/31

久しぶり

投稿日:2021/05/02

懐かしい


シリーズ

どうぎんぐ(2)

斉藤邦和

鳳学院柔道部の神代竜臣は、2年生ながら日本柔道中量級のホープといわれる逸材。その神代の凄さに圧倒された祭工業高1年生の武田道将は、かつて鳳学院柔道部のコーチを務めていた片桐に誘われて、柔道部に入部する。中学時代、道将と共に三銃士といわれた岩本、北岡ら3人は入部早々、練習試合の相手校、河田高の怒りを買ってしまい・・。

どうぎんぐ(3)

斉藤邦和

祭工業高校1年で、柔道部に入部して3日目の武田道将は、河田高柔道部・主将の島原と、練習試合で互いに死力を尽くす。道将に優勢勝ちしたものの疲れ切った島原に、祭工業のハッタリ野郎・服部の、偶然1本勝ちで勝利した祭工業高。今までケンカに明け暮れていた道将は、初めて出会った柔道にのめり込んでいくが・・。

どうぎんぐ(4)

斉藤邦和

祭工業高柔道部・主将の平瀬は、鳳学院中等部時代、同じ柔道部の神代との試合中に、神代の危険技で靭帯を損傷していた。それほどまでに強く巨大な相手、神代を倒すことを目標にして柔道部に入部した武田道将。顧問の片桐は道将に神代対策として、左手1本の組み手で練習することを命じる。道将は左手1本の技、肩車を完成させようと奮闘するが・・。

どうぎんぐ(5)

斉藤邦和

打倒、鳳学院柔道部の神代を目標にして練習に励む、祭工業高柔道部の武田道将。主将の平瀬は損傷した靭帯治療を本格的に始めるが、全国高校柔道地区大会に間に合いそうにない。そんな時、部員の岩本と北岡が、上級生の不良たちを殴り倒してしまう。不良たちは頭の鮫島を連れて道場に殴り込んで来るが、教師に見つかり引き揚げて行った。しかし、岩本と北岡は、あえて彼らの溜まり場に乗り込んで・・。

どうぎんぐ(6)

斉藤邦和

全国高等学校柔道大会の地区大会が始まった。都大会に進むには最低でもベスト8に入る必要がある。祭工業高柔道部は道将、岩本、北岡の活躍で2回戦突破。そして勝った方が祭工業高の対戦相手となる、優勝候補筆頭の足立修明高と、170キロの3つ子・小西兄弟がいる和伊戸高の試合が始まり、3つ子のパワーに会場は騒然で・・。

どうぎんぐ(7)

斉藤邦和

地区大会3回戦の相手、170キロを誇る3つ子・小西兄弟を擁する和伊戸高に、先鋒の岩本は敗れ、次鋒の北岡は引き分けてしまった。そして、いよいよ中堅の道将と3つ子の長男・一太郎の試合が始まった。道将は得意技を進化させた肩車・風林火山に固執するが、巨漢・一太郎の抑え込みが決まってしまい・・。

どうぎんぐ(8)

斉藤邦和

3回戦を勝ち上がった時点でベスト8となり、都大会進出が決まった祭工業高柔道部。6地区を勝ち上がった48校のうち、全国大会に出場する権利を勝ち獲るのは、たった3校。そんな中、祭工業高柔道部に主将の平瀬が、日本柔道界中量級ホープ・神代率いる鳳学院が、170キロの巨漢を誇る3つ子・小西兄弟擁する和伊戸高が勢ぞろい!果たして、地区大会を制するのはどこの学校か・・!?熱血柔道マンガ、ここに完結!



ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。