【全巻無料】義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー) | あおいせな | エロ漫画無料読み放題ならブック放題


page top

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(1)

あらすじ

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

詳細を表示

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)を読んだ人のコメント

まだこのマンガへのコメントはありません。
是非感想などコメント投稿してみてくださいね!


シリーズ

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(2)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(3)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(4)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(5)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(6)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(7)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(8)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(9)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(10)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(11)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(12)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…

義父は最低な元上司~寝取りセックスで限界までイカされて~(フルカラー)(13)

あおいせな

「お義父さんやめて!だめ、どうして体が火照るの…!」 ――愛する彼が眠る横で悶えながら、過去の記憶が蘇っていく… 結婚を間近に控え、彼氏の実家へ挨拶に訪れためぐみ。 緊張しつつ扉を開けると、目の前にいた男は昔勤めていた会社の上司! 当時義父は手癖が悪く女性部下をてごめにしており、それを咎めためぐみは逆に迫られ関係を持ってしまった。 これからの不安がよぎりながら食事を終え、帰ろうとするも彼氏が泥酔しその日は泊まることに。 寝床に運び自分も寝ようとしたその時、それまで大人しかった義父の態度が豹変! 体をまさぐられるが何故か抵抗出来ず絶頂してしまう。 「昔を思い出させてあげよう」 義父はそう言い、アレを押し付けて…


1ヵ月無料で試す
ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。

この作品は、18歳以上推奨です。
一部暴力的または性的な描写があります。
漫画・漫画雑誌を読みますか?

読む
今後表示しない

漫画・漫画雑誌を読みますか?

読む
今後表示しない