【全巻無料】アソコに不時着→即H~アイツの姉貴面がとろとろになるまで~(フルカラー)がサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


アソコに不時着→即H~アイツの姉貴面がとろとろになるまで~(フルカラー)(1)

あらすじ

「そこダメぇ…っ、またヘンなの来るッ」ぷっくり立った突起をぐりぐり刺激してやると、年上のアイツは今まで見たことないとろけ顔で感じていて――!?転勤族の親元から離れ、親友の家で暮らすことになった蒼太。快適な環境で悠々自適な生活…のハズが、親友の姉で世話焼き人間・結のせいで落ち着かない日々を送っていた。ある日、無防備に押し付けられた胸を振り払おうとしたところ、ナニか柔らかい場所に着地してしまい!?つい出来心で、日頃の仕返しとばかりに舐めてみると…甘い声を出しながら感じていて…!普段と違いすぎる結に抑えがきかなくなった蒼太は、指でほぐしぬるぬるになったナカに硬いモノをあてがい―…。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

「そこダメぇ…っ、またヘンなの来るッ」ぷっくり立った突起をぐりぐり刺激してやると、年上のアイツは今まで見たことないとろけ顔で感じていて――!?転勤族の親元から離れ、親友の家で暮らすことになった蒼太。快適な環境で悠々自適な生活…のハズが、親友の姉で世話焼き人間・結のせいで落ち着かない日々を送っていた。ある日、無防備に押し付けられた胸を振り払おうとしたところ、ナニか柔らかい場所に着地してしまい!?つい出来心で、日頃の仕返しとばかりに舐めてみると…甘い声を出しながら感じていて…!普段と違いすぎる結に抑えがきかなくなった蒼太は、指でほぐしぬるぬるになったナカに硬いモノをあてがい―…。

詳細を表示

アソコに不時着→即H~アイツの姉貴面がとろとろになるまで~(フルカラー)を読んだ人のコメント

投稿日:2022/03/05

よかった


シリーズ

アソコに不時着→即H~アイツの姉貴面がとろとろになるまで~(フルカラー)(2)

スイカ

「そこダメぇ…っ、またヘンなの来るッ」ぷっくり立った突起をぐりぐり刺激してやると、年上のアイツは今まで見たことないとろけ顔で感じていて――!?転勤族の親元から離れ、親友の家で暮らすことになった蒼太。快適な環境で悠々自適な生活…のハズが、親友の姉で世話焼き人間・結のせいで落ち着かない日々を送っていた。ある日、無防備に押し付けられた胸を振り払おうとしたところ、ナニか柔らかい場所に着地してしまい!?つい出来心で、日頃の仕返しとばかりに舐めてみると…甘い声を出しながら感じていて…!普段と違いすぎる結に抑えがきかなくなった蒼太は、指でほぐしぬるぬるになったナカに硬いモノをあてがい―…。

アソコに不時着→即H~アイツの姉貴面がとろとろになるまで~(フルカラー)(3)

スイカ

「そこダメぇ…っ、またヘンなの来るッ」ぷっくり立った突起をぐりぐり刺激してやると、年上のアイツは今まで見たことないとろけ顔で感じていて――!?転勤族の親元から離れ、親友の家で暮らすことになった蒼太。快適な環境で悠々自適な生活…のハズが、親友の姉で世話焼き人間・結のせいで落ち着かない日々を送っていた。ある日、無防備に押し付けられた胸を振り払おうとしたところ、ナニか柔らかい場所に着地してしまい!?つい出来心で、日頃の仕返しとばかりに舐めてみると…甘い声を出しながら感じていて…!普段と違いすぎる結に抑えがきかなくなった蒼太は、指でほぐしぬるぬるになったナカに硬いモノをあてがい―…。

アソコに不時着→即H~アイツの姉貴面がとろとろになるまで~(フルカラー)(4)

スイカ

「そこダメぇ…っ、またヘンなの来るッ」ぷっくり立った突起をぐりぐり刺激してやると、年上のアイツは今まで見たことないとろけ顔で感じていて――!?転勤族の親元から離れ、親友の家で暮らすことになった蒼太。快適な環境で悠々自適な生活…のハズが、親友の姉で世話焼き人間・結のせいで落ち着かない日々を送っていた。ある日、無防備に押し付けられた胸を振り払おうとしたところ、ナニか柔らかい場所に着地してしまい!?つい出来心で、日頃の仕返しとばかりに舐めてみると…甘い声を出しながら感じていて…!普段と違いすぎる結に抑えがきかなくなった蒼太は、指でほぐしぬるぬるになったナカに硬いモノをあてがい―…。

アソコに不時着→即H~アイツの姉貴面がとろとろになるまで~(フルカラー)(5)

スイカ

「そこダメぇ…っ、またヘンなの来るッ」ぷっくり立った突起をぐりぐり刺激してやると、年上のアイツは今まで見たことないとろけ顔で感じていて――!?転勤族の親元から離れ、親友の家で暮らすことになった蒼太。快適な環境で悠々自適な生活…のハズが、親友の姉で世話焼き人間・結のせいで落ち着かない日々を送っていた。ある日、無防備に押し付けられた胸を振り払おうとしたところ、ナニか柔らかい場所に着地してしまい!?つい出来心で、日頃の仕返しとばかりに舐めてみると…甘い声を出しながら感じていて…!普段と違いすぎる結に抑えがきかなくなった蒼太は、指でほぐしぬるぬるになったナカに硬いモノをあてがい―…。


フューチャーコミックスの人気作品

ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。