【全巻無料】予知視がサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


予知視(1)

あらすじ

「運命とは必然であり、自らの選択である。」<br><br>そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

「運命とは必然であり、自らの選択である。」<br><br>そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

詳細を表示

予知視を読んだ人のコメント

投稿日:2022/06/20

ストーリーが斬新ですね! 主人公の女性の真っ直ぐで人思いの性格が好きです。

投稿日:2022/05/14

内蔵が飛び出たりするシーンが苦手な人にはオススメできないです。

...
投稿日:2022/02/12

おもろい

投稿日:2021/10/03

え〜いいとこでおわったorz

投稿日:2021/09/21

面白かった


シリーズ

予知視(2)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」<br><br>そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(3)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」<br><br>そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(4)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」<br><br>そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(5)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」<br><br>そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(6)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」<br><br>そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(7)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(8)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(9)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(10)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(11)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(12)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(13)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(14)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(15)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」<br><br>そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(16)

滝智次朗

「運命とは必然であり、自らの選択である。」そう信じる男は“予知できる眼”を持っていた。絶対に失敗しない、思うがままの日々。しかし、彼はまだ知らない。すでに深く、暗い、大きな渦に呑まれていることを…。それは人が「運命」と呼ぶものなのかもしれない――。【ズズズキュン!】

予知視(17)

滝智次朗

《新章開幕!》異能力により時代を影で動かしてきた名もなき一族。その中でも高校生の由理恵は秀でた能力を持っていた。その力をもって一族における地位を確立したい父親に対し、彼女は友人と遊んだり恋をしたりと人並みの平穏を望んでいた。だが、力は常に災いをもたらすもの…。由理恵の選択が過酷すぎる運命を呼び覚ます…! 予知でも防げぬ災厄を描く大人気異能力ミステリー第二章!!【ズズズキュン!】



ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。