【全巻無料】板前鬼政がサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


板前鬼政(1)

次回更新日
-
作者
笠太郎
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
青年マンガ ヒューマンドラマ 日常
タグ
感動 料理
配信期間
2023/02/28まで

あらすじ

頬に一文字傷を持つ凄腕の流れ板前・梶川政一は、一流の腕前と徹底的な仕事ぶりから鬼政の異名を持つ板前である。だが、それだけの腕を持ちながら一つの仕事場に留まる事をしない。なぜなら幼い頃、生活苦から養子に出された行方不明の妹・悦子を探し出すためであった。流れ板前で培った人脈や人伝を駆使して梶川はいつの日か、妹と再会し、再び家族として暮らしていく想いを胸に秘め、鬼政は今日も板場で包丁を振るうのであった…

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!
次回更新日
-
作者
笠太郎
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
青年マンガ ヒューマンドラマ 日常
タグ
感動 料理
配信期間
2023/02/28まで

あらすじ

頬に一文字傷を持つ凄腕の流れ板前・梶川政一は、一流の腕前と徹底的な仕事ぶりから鬼政の異名を持つ板前である。だが、それだけの腕を持ちながら一つの仕事場に留まる事をしない。なぜなら幼い頃、生活苦から養子に出された行方不明の妹・悦子を探し出すためであった。流れ板前で培った人脈や人伝を駆使して梶川はいつの日か、妹と再会し、再び家族として暮らしていく想いを胸に秘め、鬼政は今日も板場で包丁を振るうのであった…

詳細を表示

板前鬼政を読んだ人のコメント

投稿日:2022/05/20

花板虹子と同じ展開だが 面白い。

投稿日:2022/05/01

面白いです。定期的に読みたくなる漫画です。最後は中途半端で残念でしたが、同じ笠太郎先生の出張料理人ふくすけという漫画で兄妹の後日談が読めますよ。

...
投稿日:2021/08/11

こんな終わり方?打ち切り??

投稿日:2021/06/08

更新わいつ?

投稿日:2021/04/29

続きが気になる。


シリーズ

板前鬼政(2)

笠太郎

梶川の腕と仕事に対する姿勢に店全体の意識も変わり始め、経営も持ち直し始める。やがて店の融資を賭けた料理勝負が持ち込まれ…

板前鬼政(3)

笠太郎

融資先を賭けた料理勝負!相手は料亭・むさし野の板長・伊集院貴麿。腕前は天才的だが、料理を粗末に扱う態度が梶川は……

板前鬼政(4)

笠太郎

幼い頃に生き別れた妹・悦子が失踪直前、北海道の小樽にいた事を突き止めた梶川。悦子と付き合っていたと板前・磯崎を見つけ……

板前鬼政(5)

笠太郎

右手を負傷し、満足に包丁も握れない鬼政。そんな状態の中、ついに始まった鬼政と磯崎の包丁テクニック四番勝負!

板前鬼政(6)

笠太郎

金沢の料亭「霞亭」に派遣された鬼政。霞亭では社長の推薦する千代と社長の後妻である八重子との覇権争いが始まろうとしていた。

板前鬼政(7)

笠太郎

いよいよ「霞亭」の女将の座を賭けた腕比べが始まる。お金をかけた豪華な料理で勝負する八重子と松井。一方の千代・鬼政組は!?

板前鬼政(8)

笠太郎

あらゆる手を使って唐津侵出を企む料亭・雲山。さらに雲山が主催する八百長板前コンテストに鬼政が巻き込まれる。そこで鬼政は…

板前鬼政(9)

笠太郎

信州・小諸に派遣された鬼政。そこで無理やり結婚を迫られる社長令嬢・春子を救うため、彼女の結婚を賭けて料理勝負をする事に…

板前鬼政(10)

笠太郎

春子の将来を賭けた料理勝負は、からくり寿司へと移る。一方、春子の義父・勘一は春子の母・紀子との真実を語りはじめ……

板前鬼政(11)

笠太郎

旅館・柊家では社長と親方が対立している。社長は合理化経営プランを強行すべく倒れた親方を追い出す。それを知った鬼政は……

板前鬼政(12)

笠太郎

桑田と鬼政による柊家を賭けた料理対決!!互いに見習いを仕込んで勝負させ、仕込み方の腕を問うという変則勝負の行方は…!?

板前鬼政(13)

笠太郎

鬼政が派遣された六甲山ビューホテル内のレストラン・六甲苑は、施設内に三軒あるレストランの中で常に最下位の売上で…。

板前鬼政(14)

笠太郎

六甲苑と皇華楼の料理対決が開幕!!順調に集客する六甲苑だが、会場の中に生き別れた妹の姿を見た鬼政は手が止まってしまう。

板前鬼政(15)

笠太郎

派遣先・光雲の女将は、かつて「瓢箪や」時代に鬼政と結婚寸前まで行ったという過去が…。嫉妬した旦那の怒りが爆発する!!

板前鬼政(16)

笠太郎

光雲の社長が雇ったチンピラに襲われ重傷を負いながらも、梶川は病院を抜け出し食通の集まる「六日会」との料理勝負に臨む!

青年マンガの人気マンガ



ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。

1ヵ月無料で試す

マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む