【全巻無料】許されなくても愛してるがサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


許されなくても愛してる(1)

次回更新日
2022/02/01
作者
雲梨
出版社
A-WAGON
ジャンル
少女マンガ 恋愛・ラブコメ

あらすじ

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!
次回更新日
2022/02/01
作者
雲梨
出版社
A-WAGON
ジャンル
少女マンガ 恋愛・ラブコメ

あらすじ

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

詳細を表示

許されなくても愛してるを読んだ人のコメント

投稿日:2021/12/03

回りがうるさすぎる、本人達が納得していいって言ってるんだから放っといてあげて欲しいな、ハッピーエンドになります様に。

投稿日:2021/12/02

こんなに反対されるのは悲しすぎる。もう早く二人を幸せにしてあげて欲しい。これ以上悲しい目に合わせないで欲しい。りゅうとゆるが幸せになれるなら、もう終わりにしてく

投稿日:2021/11/04

このまま2人幸せになって欲しいなぁ変な邪魔が入らないことを祈ってます

投稿日:2021/11/02

テーマが難しい。実際に流やゆるの立場なら自分はどうするのかと考えてしまう。 早く続きが読みたくなる。

投稿日:2021/11/01

やっと続きが読めたと思ったけど、みじかーい!もっと読みたかった☺️と思える面白さ。


シリーズ

許されなくても愛してる(2)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(3)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(4)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(5)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(6)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(7)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(8)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(9)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(10)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(11)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(12)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(13)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(14)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(15)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(16)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(17)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。




人気マンガタグ

ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。