【全巻無料】許されなくても愛してるがサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


許されなくても愛してる(1)

次回更新日
-
作者
雲梨
出版社
A-WAGON
ジャンル
少女マンガ 恋愛・ラブコメ

あらすじ

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!
次回更新日
-
作者
雲梨
出版社
A-WAGON
ジャンル
少女マンガ 恋愛・ラブコメ

あらすじ

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

詳細を表示

許されなくても愛してるを読んだ人のコメント

...
投稿日:2022/07/08

とてもゆるい おもしろい!

投稿日:2022/07/02

ゆる~ほんとによかった・・・

投稿日:2022/07/02

嘘でしょゆる・・・

投稿日:2022/02/11

ゆるちゃん〜どうなるの T_T

投稿日:2022/02/06

ゆる大丈夫?!この女やばすぎる!!


シリーズ

許されなくても愛してる(2)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(3)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(4)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(5)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(6)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(7)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(8)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(9)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(10)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(11)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(12)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(13)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(14)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(15)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(16)

雲梨

「…あれ?遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。

許されなくても愛してる(17)

雲梨

「…あれ? 遠野さん?」食堂で仕事中に声をかけてきたのは、中学の同級生だった。戸惑う私に同級生は「…流もここの大学なのよ」と続けた…フラッシュバックする嫌な記憶…私はその日、食堂を辞めた。



ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。