監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱が初月無料で全巻読み放題!


監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱(1)

あらすじ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。

詳細を表示

監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱を読んだ人のコメント

まだこのマンガへのコメントはありません。
是非感想などコメント投稿してみてくださいね!


シリーズ

監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱(2)

秘芽はじめ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。

監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱(3)

秘芽はじめ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。

監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱(4)

秘芽はじめ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。

監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱(5)

秘芽はじめ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。

監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱(6)

秘芽はじめ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。

監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱(7)

秘芽はじめ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。

監禁エレベーター ~逃れられない快楽の箱(8)

秘芽はじめ

「んぐぅ…なんでこの私がこんなやつに…」大手建設会社に勤める溝口の隠された能力、それは…『エレベーター』を支配する力!その力で、罪無き女性たちがエレベーターに監禁され、凌辱される…。「死にたくなければ、僕のお願い聞いてくれますか?」必死に抵抗するも、死と隣りあわせの極限状態に陥った彼女たちの精神は次第に崩壊していき…。『こ…これは生き延びるためのポーズなんだから…。』 ついには自ら忌むべき男の股間に手を伸ばし、それを渇望する…。『もっと! もっとあなたのちんこがほしいの…。』せまく、蒸したエレベーターの中に嬌声と、卑猥な蜜音が混ざり合い、堕ちてゆく。『もう私…あなたなしでは…』 そして明かされていく彼の真の目的とは…。


青年マンガ(H)の人気マンガ


FILL-INの人気作品

ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。