【全巻無料】累々がサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


累々(1)

あらすじ

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

詳細を表示

累々を読んだ人のコメント

投稿日:2023/01/20

人間の性かな…奥深い

...
投稿日:2022/09/23

まさしく世にも奇妙な物語

...
投稿日:2022/08/09

おもしろい!

投稿日:2021/12/14

少女のある謎はなぜそうなったのかわからないまま、世にも奇妙な物語のような終わり方でした。 人の良さそうな青年がああなるのでハッピーエンドではないかなあ…

投稿日:2021/12/14

少女のある謎はなぜそうなったのかわからないまま、世にも奇妙な物語のような終わり方でした。 人の良さそうな青年がああなるのでハッピーエンドではないかなあ…


シリーズ

累々(2)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(3)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(4)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(5)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(6)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(7)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(8)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(9)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(10)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

累々(11)

雅亜公

仕事で体を壊した木場俊介は、気分転換のために田舎に旅行する事にした。宿泊先の家主は無愛想だったが、客の世話をしている美しい娘に目を奪われる。運命の出会いに心躍る木場だったが、知らず知らずの内に破滅の道へと足を踏み入れていたのだった。

青年マンガの人気マンガ



ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。

1ヵ月無料で試す

マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む