【全巻無料】美人なジュン君の溺愛指導がサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


美人なジュン君の溺愛指導(1)

あらすじ

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

詳細を表示

美人なジュン君の溺愛指導を読んだ人のコメント

...
投稿日:2022/09/30

エエ話や!!

...
投稿日:2022/09/30

大好物w

投稿日:2022/06/27

何回も読めます。

投稿日:2022/06/20

絵がキレイ! ストーリーはよかったけど終わり方が物足りなかった。

投稿日:2022/06/20

絵がキレイ! ストーリーはよかったけど終わり方が物足りなかった。


シリーズ

美人なジュン君の溺愛指導(2)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(3)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(4)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(5)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(6)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(7)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(8)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(9)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(10)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(11)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(12)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(13)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(14)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(15)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(16)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

美人なジュン君の溺愛指導(17)

ふどのふどう

「変なとこ触んないでよ」「変なとこって?」そう言いながら私の敏感なところを執拗にイジるジュン君…このままじゃもうイッちゃう―― 会社の嫌な男に女子力の低さをバカにされ飲んだくれていた祥子は、そこにいた女の子よりも美しい男の子・ジュン君に頼み込んで女子力UPの指導を受けることに。でもその条件としてジュン君があげたのは一緒に住むことと祥子の胸を触ることで…美人な年下君のエッチすぎる溺愛指導に私のカラダが開発されていく――【桃色日記】

TL(ティーンズラブ)の人気マンガ

TL・レディコミの人気マンガ



ソルマーレ編集部の人気作品

ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。

1ヵ月無料で試す

マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む