フツーじゃん!が初月無料で全巻読み放題!


フツーじゃん!(1)

あらすじ

歌鳴(かなり)が求めているのは普通、平凡な幸せ。芸能界なんてまったく興味なかったのに、芸能事務所を経営している母の思惑通りに、歌鳴は御宝(みたから)学園高等学校芸能科へ行くことになってしまった。不安の中で高校生活がスタートした歌鳴。そこには噂の売れっ子アイドル、瀧沢音(たきざわおん)の姿が。芸能人ってみんな変な奴ばっかだと思ってたけれど、意外とみんな普通……? 売れっ子イケメンアイドルと平凡を良しとする少女の、芸能界の裏側を覗いたちょっと大人なラブコメディ!

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

歌鳴(かなり)が求めているのは普通、平凡な幸せ。芸能界なんてまったく興味なかったのに、芸能事務所を経営している母の思惑通りに、歌鳴は御宝(みたから)学園高等学校芸能科へ行くことになってしまった。不安の中で高校生活がスタートした歌鳴。そこには噂の売れっ子アイドル、瀧沢音(たきざわおん)の姿が。芸能人ってみんな変な奴ばっかだと思ってたけれど、意外とみんな普通……? 売れっ子イケメンアイドルと平凡を良しとする少女の、芸能界の裏側を覗いたちょっと大人なラブコメディ!

詳細を表示

フツーじゃん!を読んだ人のコメント

まだこのマンガへのコメントはありません。
是非感想などコメント投稿してみてくださいね!


シリーズ

フツーじゃん!(2)

湖東美朋

夢の中で、元カレの周(しゅう)ちゃんのことを思い出す歌鳴(かなり)。まだ彼に未練があるのだろうか? その頃、学校では売れっ子たちの机が何者かによって傷つけられる事件が発生。いったい誰の仕業!? さらに歌鳴はママによって風間(かざま)マモルのチーフマネージャーに抜擢されてしまった。そのことがクラスメイトにもバレてしまい……。普通をモットーにしてきた歌鳴だが、どんどんそこから離れていく。そんな歌鳴はある日偶然、周ちゃんと再会する。 最近は普通からかけ離れてきた歌鳴。昔付き合っていた周ちゃんに再開した歌鳴だったが、彼に変わり者だと馬鹿にされ……。

フツーじゃん!(3)

湖東美朋

母のもくろみで今度は風間(かざま)マモルのチーフマネージャーを任させることになった歌鳴(かなり)。しかも母はライバル事務所の瀧沢音(たきざわおん)を潰して風間をトップアイドルに仕立て上げようとしている。瀧沢は歌鳴のクラスメイトなのに……。そんな時、風間のCMの企画がライバル事務所に洩れ、風間の代わりに瀧沢が起用されることになってしまった。歌鳴が瀧沢と電話でCMのことをしゃべったことで、瀧沢がCMの情報を漏らした!? 瀧沢のことが信じられなくなった歌鳴。やっぱり芸能人なんて嘘つきばかり?

フツーじゃん!(4)

湖東美朋

CMの件で歌鳴(かなり)を裏切った瀧沢音(たきざわおん)。歌鳴も心を入れ替え『フツー』への未練を切り捨てることにした。そして、ライバル事務所の瀧沢を潰すべく、歌鳴は風間(かざま)マモルのマネージャーとしてバリバリ働くことに。するとクラスでは風間とデキていると噂になってしまい、大変なことに! しかもその噂を流したのはママ!? それに瀧沢の裏切り行為も、聞けば他に犯人がいた!? だとしたら、どうして瀧沢はあんな嘘をついたのか……。 本人に真相を確かめると、意外な真実が……!

フツーじゃん!(5)

湖東美朋

世間に隠れ、トップアイドル瀧沢音(たきざわおん)と付き合うようになった歌鳴(かなり)。気づけばもう二年生。するとクラスには雰囲気が瀧沢そっくりの星尚輝(ほしなおき)が転校してきた。彼は瀧沢をライバル視し、歌鳴まで口説いてきた! 後輩にはモデル界の輝ける新生、フェイというハーフの女の子が入学してきて、彼女と化粧品のCMをやることになった瀧沢。どうやら瀧沢とフェイとキスシーンがあるらしい。たまたま母に連れられ撮影現場を見学することになった歌鳴。あくまで撮影なのに歌鳴は動揺してしまう……。 自分みたいな普通の女の子じゃ、やっぱりアイドルの瀧沢とは釣り合わない……?

フツーじゃん!(6)

湖東美朋

歌鳴と瀧沢音(たきざわおん)の交際のことは、世間にままだ公表していなかった。瀧沢もメディアに交際のことを聞かれても、本当のことを言おうとはしない。しかも最近、瀧沢は歌鳴(かなり)を避けるようになってしまった。煌びやかな芸能人でもない普通の女の子と付き合っているなんて、彼は言えない? 芸能人と付き合うなんて、以前は思ってもみなかった歌鳴(かなり)。いざ付き合ってみた歌鳴は、自分に自信がなくなってしまう……。 彼にとって、普通の女の子である歌鳴は隠さなければいけない存在!?




ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。