【全巻無料】閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~がサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~(1)

あらすじ

「私をイかせる事が出来たらこの村の秘密を教えて差し上げますわ…でも、覚悟して下さいね。私のナカ、普通じゃないですから…」大学の研究の為に山に入った木下は、道に迷い、とある集落にたどり着く。そこで出会った二人の姉妹、円と充の家にお邪魔する事になるも、その村にはおよそ現代とは思えない様な淫猥な風習が残されていた…。その夜、乳首が透ける程の薄い襦袢で木下の部屋にやって来た充は、お清めと言いながら、まさかの全身リップ!充の温かく艶かしい舌が木下の全身を這いずり回り、それは徐々に股間に向かった…「ここもちゃんと清めませんとね」と、そのままムスコを喉の奥までずっぽりと押し込む!!

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

「私をイかせる事が出来たらこの村の秘密を教えて差し上げますわ…でも、覚悟して下さいね。私のナカ、普通じゃないですから…」大学の研究の為に山に入った木下は、道に迷い、とある集落にたどり着く。そこで出会った二人の姉妹、円と充の家にお邪魔する事になるも、その村にはおよそ現代とは思えない様な淫猥な風習が残されていた…。その夜、乳首が透ける程の薄い襦袢で木下の部屋にやって来た充は、お清めと言いながら、まさかの全身リップ!充の温かく艶かしい舌が木下の全身を這いずり回り、それは徐々に股間に向かった…「ここもちゃんと清めませんとね」と、そのままムスコを喉の奥までずっぽりと押し込む!!

詳細を表示

閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~を読んだ人のコメント

まだこのマンガへのコメントはありません。
是非感想などコメント投稿してみてくださいね!


シリーズ

閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~(2)

遥巴絵・お稲荷さん

「私をイかせる事が出来たらこの村の秘密を教えて差し上げますわ…でも、覚悟して下さいね。私のナカ、普通じゃないですから…」大学の研究の為に山に入った木下は、道に迷い、とある集落にたどり着く。そこで出会った二人の姉妹、円と充の家にお邪魔する事になるも、その村にはおよそ現代とは思えない様な淫猥な風習が残されていた…。その夜、乳首が透ける程の薄い襦袢で木下の部屋にやって来た充は、お清めと言いながら、まさかの全身リップ!充の温かく艶かしい舌が木下の全身を這いずり回り、それは徐々に股間に向かった…「ここもちゃんと清めませんとね」と、そのままムスコを喉の奥までずっぽりと押し込む!!

閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~(3)

遥巴絵・お稲荷さん

「私をイかせる事が出来たらこの村の秘密を教えて差し上げますわ…でも、覚悟して下さいね。私のナカ、普通じゃないですから…」大学の研究の為に山に入った木下は、道に迷い、とある集落にたどり着く。そこで出会った二人の姉妹、円と充の家にお邪魔する事になるも、その村にはおよそ現代とは思えない様な淫猥な風習が残されていた…。その夜、乳首が透ける程の薄い襦袢で木下の部屋にやって来た充は、お清めと言いながら、まさかの全身リップ!充の温かく艶かしい舌が木下の全身を這いずり回り、それは徐々に股間に向かった…「ここもちゃんと清めませんとね」と、そのままムスコを喉の奥までずっぽりと押し込む!!

閉ざされた淫習の村~極上の名器を持つ少女~(4)

遥巴絵・お稲荷さん

「私をイかせる事が出来たらこの村の秘密を教えて差し上げますわ…でも、覚悟して下さいね。私のナカ、普通じゃないですから…」大学の研究の為に山に入った木下は、道に迷い、とある集落にたどり着く。そこで出会った二人の姉妹、円と充の家にお邪魔する事になるも、その村にはおよそ現代とは思えない様な淫猥な風習が残されていた…。その夜、乳首が透ける程の薄い襦袢で木下の部屋にやって来た充は、お清めと言いながら、まさかの全身リップ!充の温かく艶かしい舌が木下の全身を這いずり回り、それは徐々に股間に向かった…「ここもちゃんと清めませんとね」と、そのままムスコを喉の奥までずっぽりと押し込む!!

大人向け(エロ)の人気マンガ

大人向けの人気マンガ


フューチャーコミックスの人気作品

ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。

1ヵ月無料で試す

マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む