ARHAN-アラハン-が初月無料で全巻読み放題!


ARHAN-アラハン-(1)

あらすじ

戦乱の世、山深い奥地に人を殺すことを商売とする人々が住む「蓮華の里」といわれる村があった。ある年、この村を支配する槐家に双子が生まれたが、代々その秘術は一子相伝、ゆえにその父は弟・後馗の抹殺を決める。だが、後馗の才を高く買う源徳は、西国へ後馗を連れ逃げのびて・・。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

戦乱の世、山深い奥地に人を殺すことを商売とする人々が住む「蓮華の里」といわれる村があった。ある年、この村を支配する槐家に双子が生まれたが、代々その秘術は一子相伝、ゆえにその父は弟・後馗の抹殺を決める。だが、後馗の才を高く買う源徳は、西国へ後馗を連れ逃げのびて・・。

詳細を表示

ARHAN-アラハン-を読んだ人のコメント

まだこのマンガへのコメントはありません。
是非感想などコメント投稿してみてくださいね!


シリーズ

ARHAN-アラハン-(2)

竜崎遼児

未完成の易筋行を修得するため七つ寺をめぐる旅に出たタツマ。二の寺・火宝寺において和尚・覚安に、無垢な心で強くなりたいと思うことが必要だと忠告される。火宝寺での修行が終盤をむかえた頃、仕込み鎌の使い手・猫目と闘う。猫目は槐の不比等が率いる野盗の一人だった・・。

ARHAN-アラハン-(3)

竜崎遼児

槐の奥義を知る心の一法の使い手・不比等を倒したタツマは、槐を滅ぼすため「蓮華の里」へ向う。だが、そこには槐が火輪の陣を張り巡らしており、兄・前馗に辿り着くためには、これを一人で破らなくてはならない。タツマの易筋行の集大成と言うべき闘いがいよいよはじまる・・!




ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。