戦海の剣が初月無料で全巻読み放題!


戦海の剣(1)

あらすじ

2009年7月25日、腐敗しきった日本に猛省を促すべく、海上自衛隊第7潜水隊群(架空の部隊)所属、織田志郎三等海佐率いる最新鋭潜水艦『くろしお』がクーデターを決起。中東に向かう日本船籍のタンカーを攻撃し、日本の生命線であるシーレーン(海上交通路)を制圧し、日本国民全員を人質にした・・。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

2009年7月25日、腐敗しきった日本に猛省を促すべく、海上自衛隊第7潜水隊群(架空の部隊)所属、織田志郎三等海佐率いる最新鋭潜水艦『くろしお』がクーデターを決起。中東に向かう日本船籍のタンカーを攻撃し、日本の生命線であるシーレーン(海上交通路)を制圧し、日本国民全員を人質にした・・。

詳細を表示

戦海の剣を読んだ人のコメント

まだこのマンガへのコメントはありません。
是非感想などコメント投稿してみてくださいね!


シリーズ

戦海の剣(2)

天沼俊

織田率いる「くろしお」の魚雷に被弾した「しろしお」!浸水の後、急遽艦長となった南郷は、奇抜な作戦で、絶体絶命の危機を回避。だが、類い希なる耳を持つ「くろしお」のソナーマンがもたらす情報により、再び「しろしお」は追撃の標的になり・・!?

戦海の剣(3)

天沼俊

「しろしお」対「くろしお」の魚雷戦。被弾した「しろしお」は態勢を立て直したのも束の間、ソナーマンを失い再び窮地に。激化する「くろしお」の魚雷攻撃を前に、新艦長・南郷は撃沈回避し浮上を目指すが、「くろしお」艦長・織田の手は全く緩まず、さらなる罠が・・。

戦海の剣(4)

天沼俊

ついに座礁してしまった「しろしお」。新艦長となった南郷がクルー達に退艦命令を出す最中、姿を現した「くろしお」艦長・織田。無力となった「しろしお」に止めをささない織田の真意を推し量る南郷だが、一方、織田は制圧に向け、特殊部隊の準備を進めており・・。

戦海の剣(5)

天沼俊

座礁した「しろしお」の魚雷を守るために「くろしお」の突入部隊に単身で挑む南郷。だが、織田の策略で艦内に閉じこめられてしまった南郷は、浸水が進む中、魚雷の破壊を試みる。それを察知した織田は、刺客を送り出して・・。南郷、そして日本に絶体絶命の危機が・・。




ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。