【全巻無料】ころがし涼太がサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


ころがし涼太(1)

次回更新日
-
作者
村田ひろゆき
出版社
日本文芸社
ジャンル
青年マンガ バトル・アクション ギャグ・コメディー
配信期間
2023/03/31まで

あらすじ

喧嘩と車の運転は無敵だが、美女にはめっぽう弱い元暴走族のバス運転手・「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)のハチャメチャな活躍を描いたカーアクション・コメディ。美人には優しくするが、他の乗客には横暴の限りを尽くす路線バス運転手・高尾涼太。そして問題ばかり起こして注意された涼太は、ある日、園児を引率して歩く美しい保母に見とれるのだが・・・・・・!?

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!
次回更新日
-
作者
村田ひろゆき
出版社
日本文芸社
ジャンル
青年マンガ バトル・アクション ギャグ・コメディー
配信期間
2023/03/31まで

あらすじ

喧嘩と車の運転は無敵だが、美女にはめっぽう弱い元暴走族のバス運転手・「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)のハチャメチャな活躍を描いたカーアクション・コメディ。美人には優しくするが、他の乗客には横暴の限りを尽くす路線バス運転手・高尾涼太。そして問題ばかり起こして注意された涼太は、ある日、園児を引率して歩く美しい保母に見とれるのだが・・・・・・!?

詳細を表示

ころがし涼太を読んだ人のコメント

投稿日:2022/11/11

昔読んでたな…


シリーズ

ころがし涼太(2)

村田ひろゆき

「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)に、兄をバス恐怖症にした仕返しを企む水戸の暴走族・篤史(あつし)は、深谷で名が知れた根木田(ねぎた)についてきてもらう事に。一方、舎弟のタカシから篤史に狙われてると知らされた涼太は、篤史と根木田の事を茶化して笑う。そして翌日、根木田が不良達を幻の右フックでノックアウトするのを目撃した篤史は、大船に乗ったつもりで涼太の元へ向かうのだが・・・・・・!?

ころがし涼太(3)

村田ひろゆき

「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)に恨みを抱く寿司職人・夏木(なつき)は、涼太がカンピョウを食べると下痢をする事を思い出す。そして涼太の舎弟・タカシを殴り倒して涼太を呼び出した夏木は、タカシを人質にして涼太にカンピョウ巻を食えと命じる。しかしそれをきっぱりと断った涼太だったが、夏木が投げつけたカンピョウ巻が偶然口の中に入ってしまい・・・・・・!?

ころがし涼太(4)

村田ひろゆき

「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)を崇拝する勇司(ゆうじ)のため、涼太の舎弟・タカシと付き合うユキに、勇司を涼太の弟子にするように頼んでほしいと相談した和美(かずみ)。そして和美と組んで涼太に酒を飲ませたユキは、酔っぱらった涼太に勇司の事をお願いして承諾してもらう。その翌日、弟子になった勇司は、涼太に甲斐甲斐しく尽くすのだが・・・・・・!?

ころがし涼太(5)

村田ひろゆき

チョーパン鉄次(てつじ)が連れてきた金髪美女・ナンシーと仲良くなった「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)。その後、ナンシーと涼太と別れた鉄次は、菊ずしの夏木(なつき)にナンシーがエイズだと語る。そして涼太へせんべいを届けに行った田島(たじま)と吉本(よしもと)は、好色なナンシーに手を焼いた涼太に頼まれてナンシーとエッチする。その翌日、ナンシーがエイズだと知った涼太達は・・・・・・!?

ころがし涼太(6)

村田ひろゆき

仕事を終えた「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)は、バスの座席に置いていかれた赤ん坊・涼吉(りょうきち)と涼太あての手紙を発見する。その手紙により涼吉が自分の子供だと知った涼太は、タカシから悪運が尽きたと笑われ、ユキからは一年半くらい前に心当たりがあるかと聞かれる。そして涼吉を抱っこする涼太と出会った吉本(よしもと)は、塀の影から涼太達を見る少女を目撃して・・・・・・!?

ころがし涼太(7)

村田ひろゆき

自分の車を買い戻してドライブしていた田島(たじま)は、のんびりと前を走るブルドッグの絵が描かれたトラックを追い越すが、そのトラックにはじかれて車を潰されてしまう。そして自分だけでなく仲間の車もブルドッグ印のトラックにやられたと知った田島は、「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)に力を貸してほしいと頼む。しかし涼太に断られた田島達は、涼太の車を使ってブルドッグ印のトラックと対決を・・・・・・!?

ころがし涼太(8)

村田ひろゆき

鹿島(かしま)兄弟から、野球の試合を申し込まれた「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)。そこで猛者ぞろいの鹿島チームに必ず勝つと意識する涼太は、野球チームに必要な9人を集めるべく知り合いに声をかけていく。そして高校時代は野球部だったタカシ、中学の時にキャッチャーで4番だった根室(ねむろ)、素振りに励む夏木(なつき)をそろえた涼太のチームだったが・・・・・・!?

ころがし涼太(9)

村田ひろゆき

「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)が連れてきた清楚な少女・奈美(なみ)に一目惚れした夏木(なつき)。その翌日、奈美が涼太と付き合っていると考えた夏木は、田島(たじま)やタカシへ涼太が付き合っている女について尋ねる。その時、何人もの女の名前は出るのに奈美の名前がなかった事から、涼太が奈美とマジメに付き合ってないと思った夏木は・・・・・・!?

ころがし涼太(10)

村田ひろゆき

銀行の美人OL・佐々木(ささき)に惚れた田島(たじま)と吉本(よしもと)は、いきなり声をかけると無視されそうなので、仕事を終えた彼女の後をつけて住所を調べようと考える。そして自転車で帰宅する佐々木を走って追いかける田島と吉本は、その途中、バスを運転する「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)に彼女を尾行してもらうだが・・・・・・!?

ころがし涼太(11)

村田ひろゆき

ヤクザ・西村(にしむら)の息子・涼吉(りょうきち)と赤ん坊を連れた愛子(あいこ)と、彼女の面倒をみる勝男(かつお)に公園でたまたま出会った田島(たじま)と吉本(よしもと)。その時、愛子が抱いている赤ん坊が、「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)とソックリなのが気になった吉本は、妹の美貴(みき)にそれを知らせるのだが・・・・・・!?

ころがし涼太(12)

村田ひろゆき

他校の不良少女達にヤキを入れられて負傷した女子高生・メグミは、通りかかった田島(たじま)に家までおぶってもらう。その後、田島の不良時代の武勇伝を知ったメグミは、その強さに惹かれて田島と付き合うことに。一方、自分よりモテないはずの田島に女ができたのがショックな吉本(よしもと)は、「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)に泣きつくのだが・・・・・・!?

ころがし涼太(13)

村田ひろゆき

正月に可愛い高校生・沙貴(さき)とエッチした「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)は、沙貴から今日一日だけは他の女性とエッチしないで下さいとお願いされる。その後、久美(くみ)から涙ながらに迫られて約束を破ろうとした涼太は、それを目撃した沙貴にウソつきと責められる。その時、沙貴と久美のバトルが勃発し、久美が語るエッチテクニックに圧倒された沙貴は、お兄ちゃんに言いつけると言い出して・・・・・・!?

ころがし涼太(14)

村田ひろゆき

バス内で子供に暴力を振るう若い男を、強引に降ろした「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)。その後、美貴(みき)からデートを申し込まれ、喜んで受けると返事した涼太は、万馬券を連続的中させて仲間達とキャバレーで豪遊する。そして明日は美貴とのデートなので早めに帰った涼太だったが、その帰り道、昼間の若い男にナイフで何度も刺されてしまい・・・・・・!?

ころがし涼太(15)

村田ひろゆき

高校時代の悪友でチビ・デブ・ハゲと三拍子揃った鷲田(わしだ)から、恋愛について相談された「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)。そこで鷲田を白馬のナイトにする作戦を立てた涼太は、田島(たじま)と吉本(よしもと)に協力させて、鷲田が想いを寄せる富子(とみこ)を誘拐する。そして鷲田に富子を救出させようとした涼太だったが、鷲田とカーバトルするうちに自分の世界に入ってしまい・・・・・・!?

ころがし涼太(16)

村田ひろゆき

「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)も頭が上がらない男・尾神(おがみ)が再び帰ってきて、涼太のツケでカニを食べたり、ブランドの腕時計を買ったりしていた。一方、尾神を探す妻・春恵(はるえ)と出会った吉本(よしもと)は、尾神を見つけたらスナック南に連れてくるように頼まれる。そして仕事を早退した涼太と歩いていた尾神は、喧嘩を売ってきたヤクザ者を返り討ちにするのだが・・・・・・!?

ころがし涼太(17)

村田ひろゆき

自分の家の覗き穴から、隣に暮らす美貴(みき)の入浴を見てオカズにしていた田島(たじま)は、風呂の窓が開いて少しだけ見えた美貴の乳房に興奮する。その翌日、夏木(なつき)だけでなく根室(ねむろ)まで彼女ができたと知った田島と吉本(よしもと)は、「ころがしの涼太」こと高尾涼太(たかお・りょうた)に女を紹介してほしいと頼み込む。そして涼太からその見返りを求められた田島は、美貴のヌードを見せると言って・・・・・・!?

バトル・アクションの人気マンガ

青年マンガの人気マンガ


ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。

1ヵ月無料で試す

マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む