【全巻無料】包丁無宿がサブスク読み放題 | 試し読み有り | コスパ最強ブック放題


包丁無宿(1)

次回更新日
-
作者
たがわ靖之
出版社
日本文芸社
ジャンル
青年マンガ ヒューマンドラマ
タグ
1980年代 料理 人情
配信期間
2022/12/31まで

あらすじ

料理の表舞台から追放された男が、流れの板前としてさまざまな相手と料理勝負をしながら成長していく姿を描いた人情グルメコミック! 一流料亭・桐の家の板前であった暮流助(くれ・りゅうすけ)は、本膳祭で傷害事件をしたように仕組まれて、日本料理会から除名処分となり、桐の家を破門される。そして流れ板として修業の旅をする暮は、チンピラに絡まれて殴られているところを、料亭・丸善の主人である下条(しもじょう)に助けられて……!?

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!
次回更新日
-
作者
たがわ靖之
出版社
日本文芸社
ジャンル
青年マンガ ヒューマンドラマ
タグ
1980年代 料理 人情
配信期間
2022/12/31まで

あらすじ

料理の表舞台から追放された男が、流れの板前としてさまざまな相手と料理勝負をしながら成長していく姿を描いた人情グルメコミック! 一流料亭・桐の家の板前であった暮流助(くれ・りゅうすけ)は、本膳祭で傷害事件をしたように仕組まれて、日本料理会から除名処分となり、桐の家を破門される。そして流れ板として修業の旅をする暮は、チンピラに絡まれて殴られているところを、料亭・丸善の主人である下条(しもじょう)に助けられて……!?

詳細を表示

包丁無宿を読んだ人のコメント

まだこのマンガへのコメントはありません。
是非感想などコメント投稿してみてくださいね!


シリーズ

包丁無宿(2)

たがわ靖之

流れの板前として修業の旅をする暮流助(くれ・りゅうすけ)は、自分を陥れた因縁の宿敵・歌川繁蔵(うたがわ・しげぞう)が、暮の働いている店にやってくることを知る。そんな相手に料理を造りたくないと拒絶する暮だったが、店主の吉田(よしだ)に頼まれて見事な料理を造り上げる。しかし、暮はその料理を大皿にぶちまけて……!?

包丁無宿(3)

たがわ靖之

流れの板前として修業の旅をする暮流助(くれ・りゅうすけ)は、ふぐ料理の老舗「ふぐ太」の隣で営業する、同じふぐ料理の店「川島」の料理人と腕比べをすることになる。細胞をつぶさず刺身にする相手の実力を知った暮は、料理人の血が騒いで闘志を燃やす。そして暮は、勝負の料理に桐の家でやっていた唐揚げと中落ちの焼き物を作るのだが……!?

包丁無宿(4)

たがわ靖之

流れの板前として修業の旅をする暮流助(くれ・りゅうすけ)は、桐の家の後輩・森田(もりた)の所に行く途中、何者かによる落石事故で負傷する。そして暮は、自分の包丁のサラシの巻き方が変わっていることやわざと置かれた新聞記事によって、森田が働く斡旋所に宿敵である大日本料理会の廻し者がいることを確信する。その正体とは……!?

包丁無宿(5)

たがわ靖之

歌川(うたがわ)へ復讐するために、孤月流の肩書きがついている店へ料理勝負を挑んでいく女板前。流れ板として修業の旅をする暮流助(くれ・りゅうすけ)は、女を捨てて張りつめた心で料理する彼女に、いつか挫折がくると忠告する。そして、女の力でさばくのは容易ではないカツオで、勝負することになった女板前は苦戦して……!?

包丁無宿(6)

たがわ靖之

流れの板前として修業の旅をする暮流助(くれ・りゅうすけ)の前に、業界の間では死神のごとく恐れられた料理集団である黒包丁が登場!そして黒包丁の風神、雷神と称される強敵の二人を相手にして、勝負を挑む暮は勝つことができるのか!?そして、暮の包丁捌きを見た黒包丁の長老・黒田(くろだ)が思い出した人物とは……!?

包丁無宿(7)

たがわ靖之

流れの板前として修業の旅をする暮流助(くれ・りゅうすけ)の前に現れた、業界で死神のごとく恐れられている料理集団・黒包丁から放たれた新たな刺客・紅(くれない)!そして、紅に料理勝負を挑まれた暮は受けて立つのだが、紅の助っ人に入った風神と雷神によって良質な材料は根こそぎ持って行かれ、不利な状況に陥って……!?

包丁無宿(8)

たがわ靖之

流れの板前として修業の旅をする暮流助(くれ・りゅうすけ)の師である和木(わき)の料亭・桐の家が、料理評論家の山上(やまがみ)により雑誌で酷評されてしまう。その記事を見た暮は、全国の料理人が競い合う花見御前試合に山上が審査員として参加すると知って、出場を決める。暮は桐の家の名誉を挽回することができるのか……!?

包丁無宿(9)

たがわ靖之

かつて暮流助(くれ・りゅうすけ)の師である和木(わき)に、弟子入りを断られたことを根に持つ荒井留造(あらい・とめぞう)。賭け料理で渡り歩き、板ごろしの異名を持つほどに腕を上げた荒井が、暮に料理勝負を挑む。酷暑のなかで真剣勝負をする荒井と暮、見事な懐石膳を造り上げたふたりの勝敗を分けたのは、意外なものだった……。

包丁無宿(10)

たがわ靖之

流れの板前として渡り歩く暮流助(くれ・りゅうすけ)を愛してしまった黒包丁の紅(くれない)が流れ板として、暮と再び対決を!殺気を漂わす紅の料理を見た暮は、料理勝負で紅を救おうと決意する。見事な紅の料理に対して、何の変哲もない家庭料理を造り上げた暮の真意とは……!? そして料理勝負の勝敗の行方は……!?

包丁無宿(11)

たがわ靖之

孤月流の師範を使って、暮流助(くれ・りゅうすけ)を叩き潰そうとする宿敵・歌川繁蔵(うたがわ・しげぞう)。岩倉(いわくら)から呼ばれた暮は、謀略により孤月流の師範4人を相手に料理勝負を受けることになってしまう。そしてお造りでは互角の評価を得た暮だったが、煮物、焼き物では相手より点数を落として……!? 暮は敗れてしまうのか!?

包丁無宿(12)

たがわ靖之

全国に散って黒包丁の名を隠しながら秘密裏に腕を磨く、隠し黒包丁の権田海老蔵(ごんだ・えびぞう)。流れ板として渡り歩く暮流助(くれ・りゅうすけ)は、海老蔵と料理勝負をすることになるのだが、これまでの黒包丁と違うやり方で料理を繰り出していく海老蔵に、自分のペースをつかみそこねてしまい……!? そして窮地に陥った暮は……!?

包丁無宿(13)

たがわ靖之

流れの板前として渡り歩く暮流助(くれ・りゅうすけ)は、九州一の割烹・武蔵屋で働くことになるが、そこには因縁の宿敵・歌川静児(うたがわ・せいじ)がいた。敵対する暮と静児であったが、当主・神谷(かみや)のために結婚披露宴の料理を協力して造ることになる。しかし、新郎側に招待された歌川繁蔵(うたがわ・しげぞう)によって、暮と静児は料理勝負を……!?

包丁無宿(14)

たがわ靖之

春秋亭の主人の娘婿として増長していく料理人・長内(おさない)は、賭け料理専門の潰し屋・仁王兄弟の挑発に乗って、春秋亭の全権を賭ける料理勝負をすることに!しかし、それは春秋亭を狙うみかど屋が仕組んだ罠であった。暮流助(くれ・りゅうすけ)は長内の助っ人として勝負に参加するが、なぜか箸を一本だけにして……!?

包丁無宿(15)

たがわ靖之

仕事を断られ続けた暮流助(くれ・りゅうすけ)は、五郎次(ごろうじ)の料亭で働くことになるのだが、五郎次は黒包丁の長老・黒田(くろだ)が差し向けた刺客であった。罠にはめられた暮は、真田祭りでやってきたテレビ取材で、五郎次と料理勝負をすることになってしまう。そしてその勝負を終えた暮に、さらなる強敵・黒包丁十人衆が立ちはだかり……!?

包丁無宿(16)

たがわ靖之

寺に雨宿りをしていた暮流助(くれ・りゅうすけ)は、そこの住職から料理をご馳走される。そして暮は、昔は料理人をしていたという住職から、暮の師である和木(わき)、黒包丁の長老・黒田(くろだ)、大日本料理会の歌川(うたがわ)の過去を知らされる。料理界の重鎮・室田(むろた)が築いた庖心会、その中心であった和木、黒田、歌川の3人に何が起こったのか……!?

包丁無宿(17)

たがわ靖之

日本一の料理を食ってから死にたいという小薗組組長の末期の食勝負に、むりやり連れて行かれた暮流助(くれ・りゅうすけ)。そこには宿敵・歌川静児(うたがわ・せいじ)も参加していた。無益な勝負はしたくないと拒む暮であったが、静児の挑発に乗って決勝戦に参加する。しかし、他の者が素晴らしい料理を造り上げるなか、暮はお湯を沸かすだけで……!?



ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。

1ヵ月無料で試す

マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む