[会員無料で読み放題] 毎日が潤う づんの家計簿 決定版 | ブック放題 | 雑誌やるるぶ、マンガが読み放題!

⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

毎日が潤う づんの家計簿 決定版

2020/03/01まで

読む アプリで読む

※アプリのインストールが必要

2020/03/01まで

ぴあ グルメ・お出かけ・生活

目次

目次
8
part1 家計簿は人生を変えるツール
13
最初は赤字は当たり前。 まず書いてみてください
14
無理をする必要なんてなし。 忙しいならハードルを低くして続けやすくする
16
家計簿の目的は”節約”ではありません!
18
”つい買ってしまう”をやめると 結果的に黒字につながります
20
安い、高い、じゃなくて 本当に欲しいものを買いましょう
22
お金を使うストレスから解放! ”なんとなく不安”にさよならできます
24
黒字の家計簿は恥ずかしくない 誰にだって見せられます
26
あえて仕分けは必要ありません! づんの家計簿は自由です
28
書くことで家計にまつわる いろいろなデータが蓄積されます
30
収入が変動する場合は 少ない方の月でやりくりしましょう
32
ポイントにふり回されて時間と労力を失うのは もったいない!
34
黒字になると翌月も黒字にしたくなる 黒字の積み重ねが大切です
36
ストックしすぎに要注意! ”多めに買うクセ”は卒業しよう
38
”自由にお金を使う”って何? 好きに浪費することではありません!
40
お金がない”って悲しい言葉……。突然の出費に備えた貯金を!
42
なんでも「特別費」にするのは危険 生活費でやりくりを頑張ろう
44
不安なのはお金の把握ができていないから 把握さえできれば2000万円も貯められます
46
づんのデザイン① お財布
48
part2 家計簿ノートで家計簿を書いてみましょう!
49
『づんの家計簿』を始める前に知っておきたいこと
50
これが『づんの家計簿』!
52
Chapter1 まずはここからスタート Step1 レシートをもらう習慣をつけよう
54
Step2 お金を使ったらひとつひとつ記録してみよう
56
Step3 財布の残金を書いて持っている現金を把握しよう
60
Step4 使用金額を『上書き合計』していく
62
Chapter2 こういう支払いどう書くの?  Step1 クレジット払い、インターネットでの買い物は現金と同様、使った日に書く
66
Step2 ポイントやクーポン利用は支払った金額のみ書く
68
Step3 家族が立て替えてくれた分は精算した日に書けばOK
70
Step4 ICカード利用は使った分だけを書く
72
Step5 特別費は上書き合計はしないけれど使った日に書いて把握
74
Step6 何でも特別費にしないたとえば医療費は生活費でまかなう
76
Step7 家族の誰のために使ったお金なのかわかるならイニシャルを書いておく
78
Step8 いただきものなどお金を使っていなくても感謝の気持ちを書いておく
80
Step9 集計するようになったらそれぞれ税抜価格と税込価格を書いておく
82
Chapter3 固定費について知ろう Step1 まずはどんな固定費があるかを書いておく
84
Step2 お金を使う予定があるならそれを書いておき、心積もりしておく
86
Step3 収入はもらった日に記入。月末に書いてもOK!
88
Step4 固定の貯金、積み立ての保険は累計を書く
90
Chapter4 集計をしてみよう Step1 黒字か赤字かを確認する
92
Step2 クレジット払いの金額を集計して引き落とし口座に入れておく
94
特別費の予算と実際
96
消費税の増税で注意すること
98
づんのデザイン② 手帳カバー
100
part3 手書きは人生を潤す最善の方法
101
① 子供から大人まで誰にだって手書きはできます
102
② 書くことで脳が目覚めるんです
106
③ 忙しいときこそまず書く。すべきことが見えてきます
110
づんが使っているノート
115
④ ノートは頭のハードディスク 私の想像力の源です
116
⑤ 書いていくと「点」が「線」になっていきます
120
⑥ 自分の字でそのときの心が見えます
122
⑦ 書くことで確実に人生が潤います
126
おわりに
128
奥付
130

すべて見る

グルメ・お出かけ・生活のおすすめ

雑誌200誌・マンガ2万冊・るるぶ100冊が読み放題

ブック放題 1ヵ月無料で試す