シュガーが初月無料で全巻読み放題!


シュガー(1)

あらすじ

石川凛、16歳。とびきりイキのいい人気者でヤンチャ者。北海道の小さな町で、母と祖父母に育てられた。そして今、高校を中退し旅立ちの時を迎えつつある。先のことなんて考えちゃいない。話の流れでなんとなく東京に出ることにした。得意といえば、ダンス。運動神経もかなりいい。何考えてるかわからん、ともよく言われる。今はまだ自分が何者になるかも知らないでいる凛。将来はボクシングの歴史にその名を残すことになるとは露ほども――。

詳細を表示

[いいね][コメント]をしよう!
[いいね][コメント]をしよう!

あらすじ

石川凛、16歳。とびきりイキのいい人気者でヤンチャ者。北海道の小さな町で、母と祖父母に育てられた。そして今、高校を中退し旅立ちの時を迎えつつある。先のことなんて考えちゃいない。話の流れでなんとなく東京に出ることにした。得意といえば、ダンス。運動神経もかなりいい。何考えてるかわからん、ともよく言われる。今はまだ自分が何者になるかも知らないでいる凛。将来はボクシングの歴史にその名を残すことになるとは露ほども――。

詳細を表示

シュガーを読んだ人のコメント

まだこのマンガへのコメントはありません。
是非感想などコメント投稿してみてくださいね!


シリーズ

シュガー(2)

新井英樹

凛が上京の途中に寄り道して会いに行ったのは故郷の先輩・「火の玉」欣二。その心意気とタフネスとで凛に尊敬されていた欣二が言い出したのは、あらためて殴り合いでどちらが上かを決めようということだった。「やりたくない」と言いつつも、欣二の情婦でボクシングの経験者、オカマのレイラにボクシングの魅力を教えられた凛は、すぐにその圧倒的才能を見せつけることになる――。

シュガー(3)

新井英樹

文無しになりながらも、幼なじみの千代に借金をしてどうにか東京にたどりついた石川凛。偶然にも住み込み先の寮の近くにボクシングジムを見つけた凛は、入り口近くで泥酔する男と遭遇。それが元世界王者にして天才テクニシャンと呼ばれた中尾重光のジムだった。ジムに上がりこんだ凛は、そこで新人王を有望視されるひとりのプロボクサーを挑発して、リングにあげることに成功。深夜のスパーリングには意外な結末が――。

シュガー(4)

新井英樹

住み込み近くのボクシングジムに上がりこんだ石川凛は、ジム頭で東洋太平洋の新藤を挑発、元世界王者でジムの会長の中尾に新藤とのスパーリングを認めさせる。さらに中尾が現役時代得意とした左トリプルフックをビデオで学習した凛は、ゴング直後にいきなり新藤に向かって左トリプルを放ち見事ダウンを奪う。勝ち誇る凛。だがこのスパーは意外な決着を見る事になる。また「失せろ」と言われた職場・天海に凛は復帰することができるのか!?

シュガー(5)

新井英樹

ジム生をさんざ騒がした挙句、結局は中尾ジムに入門することになった石川凛。そこで耳にしたことは、突出したスピード、バランス、判断力がもたらす「4次元ボクシング」の存在だった。会長の中尾こそがもっともその域に近づいた日本人ボクサーと聞いた凛は、中尾とまたも衝突、意地を張り合うなかで急きょプロテストを受けることに。また、ジム頭の新藤のそのまた先輩格、世界チャンプの加治と後楽園ホールで遭遇した凛は、あろうことか加治にまで挑発を繰り返し……。

シュガー(6)

新井英樹

プロテストでリングに上がり、ひとりめのスパーリング相手を瞬時に沈めた石川凛。その瞬間に起こったことを理解できたのは、会長の中尾だけだった。さらにふたりめとのスパーリングでは、凛は相手に1発も当てずに倒すという芸当をやってのける。多くの記者がジムに訪れ、凛の評判が広まっていくが、中尾が現役時代に見せていたボクシングは、はるかに高みにあるものだった。まぎれもない天才だった中尾に対し、凛は――。

シュガー(7)

新井英樹

ついにデビュー戦が決まったリン。年齢詐称でライセンスを手に入れ、天才かつ変人のジム会長・中尾とコンビを組んで「ジム荒らし」までしたリンは、まさに前途洋々。中尾をして「4回戦、6回戦レベルに敵はいない」とまで言わしめた。対戦相手のビデオを見てもまったく危機感を抱かないリンと中尾。幼なじみの千代にまで未来の自分の姿を大いに吹きまくるリンだったが……。

シュガー(8)

新井英樹

デビュー戦でまさかの1RKO負けで早々と初戦黒星となった石川リン。プロや専門家からもその将来を嘱望され、何より本人が俄然その気だっただけに失意は大きかった。天才かつ変人のジム会長、中尾とのやりとりで復帰を目指すことにはなったものの、意識を飛ばした負け方はリンの将来に暗雲をたちこめさせている。復帰戦の、そしてボクサーとしてのリンの行方は!?




ABJマーク

ABJマークは、この電⼦書店・電⼦書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使⽤許諾を得た正規版配信サービスであることを⽰す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 詳しくは[ABJマーク]または[電⼦出版制作・流通協議会]で検索してください。